食物繊維について①

【栄養豆知識#20】

豆知識6から3タイプの食事内容についてご紹介していますが、お身体の変化は感じられておりますでしょうか?



今回から食物繊維パート(全2回)です。


食物繊維は5大栄養素の中の炭水化物に含まれます。





炭水化物と聞くとお米や麺をイメージされる方が多いかと思いますが、

炭水化物は糖質(お米や麺)と食物繊維の2種類からなります。


例えば、お米であれば写真の茶色と黄色の部位が食物繊維が多く含まれる部分になります。



まずは食物繊維の[役割]についてです。


[食物繊維の役割は?]

食物繊維の役割は「腸内の善玉菌の餌」「コレステロールの調節」です。


今回は「腸内の善玉菌の餌」についてご紹介して行きます。







[食物繊維が善玉菌の餌になって起こることは?]

食物繊維が腸内に生息する善玉菌の餌になってくれることで

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが良好になり、腸内環境を整えてくれます。

食物繊維不足によって善玉菌が減ると、悪玉菌が有毒ガスを発生し”腸内環境悪化”

Aタイプに該当する”リーキーガットシンドローム”にも影響してくると考えられます。

※リーキーガットシンドローム:小腸で炎症によって未消化の食べものを異物として吸収してしまう小腸の状態のこと。別名「腸漏れ症候群」とも言う。

次回は、食物繊維の2つ目の役割である「コレステロールの調節」についてご紹介して行きます。

実際に食事を栄養の観点で見てみましょう。



こちらは減量時の食事です。

・減量時の糖質のボリュームは拳0.5個分ですのでお米の量バッチリです!

梅干しを摂り胃酸の分泌を促しています!


・サバからオメガ3とタンパク質が摂れます!オメガ3が細胞膜の炎症を抑え、タンパク質がホルモンや消化酵素として働いてくれます!


・玉ねぎからイヌリンという食物繊維の一種が多く摂れ、血糖値の乱高下を抑えてくれたり小腸の回復を促し、免疫の強化も期待できます!


・人参からβカロテンという体内でビタミンAに変わる栄養素が摂れます。ビタミンAは免疫力UP.小腸の回復に働きます!


・なめこの味噌汁には豆腐が入っているため、タンパク質とマグネシウムが摂れます!

亜鉛が少し不足することが考えられるので、赤身肉や胡麻や豚レバーや亜鉛サプリを加えると亜鉛もしっかり摂れるかと思います。

栄養についての理解を深め、自身の健康をご自身でコントロールできるようにしていきましょう!

ご不明点やご質問はお気兼ねなくスタッフにお申し付けくださいませ!

次回テーマ:[ 食物繊維について#2 ]

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示