脂質について①

【栄養豆知識#17】

本日から脂質パート(全3回)です!


脂質は長期的なカラダの変化に関わると言われています。


脂質は糖質と一緒で摂る脂質の種類によって内臓の働きを良い悪いが左右されると言われています。



以下が全3回でご紹介する脂質の種類です!


1.オメガ3

2.中鎖脂肪酸

3.控えたい脂質

控えたい脂質の中でも分類分けされますが、今回は1くくりにします。

また、オメガ3や中鎖脂肪酸はよく世間で言われる ”フィッシュオイルMCTオイル ”のことです!


それでは今回はオメガ3についてご紹介して行きます。


[ オメガ3って何? ]

オメガ3は先ほど出てきたフィッシュオイルを含む”良質な油”のことです。

・青魚油

・くるみ

・エゴマ油 などに含まれます。

[ オメガ3の役割 ]

豆知識3でも出てきた”細胞膜”を良い状態にする油と言われています。

内臓を作っているたくさんの細胞の表面を覆っている膜のことです。

細胞膜は脂質で出来ているため、普段どんな脂質を摂るかで細胞膜の良し悪しが決まります。

実際に食事を栄養の観点で見てみましょう!

こちらは減量中の食事です。

・減量時の糖質のボリュームは拳0.5個分ですのでお米の量バッチリです!


・納豆から菌が摂れて腸内環境をよくしてくれたり、タンパク質が摂れます!


・玉ねぎからイヌリンという食物繊維の一種が多く摂れ、イヌリンが血糖値の乱高下を抑えてくれます!


・緑黄色野菜が体内の酸性化を防ぎ、細胞の老化を防いでくれます!


・この食事にチキンやヒレ肉を加えると、正常に赤血球を作るためのビタミンが摂れ、貧血や鉄欠乏の予防改善が期待できます!

今回から脂質のパート全3回です。

ご自身のお身体の状態を確認し、改善するステップを豆知識1からご紹介しておりますのでぜひご覧くださいませ!

栄養についての理解を深め、自身の健康をご自身でコントロールできるようにしていきましょう!

次回テーマ:[ 脂質について#2 ]

次回はMCTオイルで有名な”中鎖脂肪酸”についてご紹介していきます!

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示