糖質について②

更新日:10月22日

栄養豆知識#12


糖質について#2


糖質の麺やパンといった小麦に含まれるのが「グルテン」


このグルテンは、摂りすぎると栄養を吸収する腸の炎症を促進します。






これを「腸漏れ症候群」(リーキーガットシンドローム)といいます。


腸の炎症やリーキーガットシンドロームが起きると、異物や消化しきっていない食べ物が体内に入るため、

・アレルギー反応

・自己免疫疾患

・食べても体内に栄養が入らない

・肌荒れ

が起こります。


腸の炎症、リーキーガットシンドロームを抑えるためにはグルテンを減らし、

炎症修復に使われる[食物繊維,ビタミン,.ミネラル,タンパク質]をしっかり摂ることが必要重要です。

肌荒れやアレルギーが気になる方グルテンフリー食物繊維,ビタミン,.ミネラル,タンパク質をしっかり摂ることから始めてみませんか?(グルテンフリーは2週間続けることをお勧めいたします)

体型維持や健康維持の場合はグルテンの取りすぎにならないように注意しながらパンや麺を楽しみましょう!



今回も実際に食事を栄養の観点で見てみましょう。

こちらは減量中の食事です。

・減量時の糖質のボリュームは拳0.5個分ですのでお米の量バッチリです!


・人参からβカロテンという体内でビタミンAに変わる栄養素が摂れます。


・玉ねぎからはイヌリンという食物繊維の一種が多く摂れ、イヌリンは血糖値の乱高下を抑えてくれます!


・卵.チキンでタンパク質が摂れます。卵にはほとんどのビタミンが入っているため非常におすすめです!


・お米に胡麻が散りばめられているため、マグネシウムと亜鉛が微量ながら摂れます。マグネシウムと亜鉛は体内の炎症を抑えたり、ホルモンを作ったりと必要になる場面が非常に多い栄養素です。胡麻は食事のボリュームが増えるほどカサ増しにはならないため、非常におすすめです。


[ タイプAの方へ ]

減量しながら体調を整えたい方はこの食事にMCTオイルを追加し、間食で生蜂蜜を追加すると内臓にしっかりと栄養が届き体調も見た目も変化することが期待できます。

[ タイプBの方へ ]

減量しながら体調を整えたい方は白米を雑穀米や5分づき米に変更し、MCTオイルとキノコ類(舞茸など)を追加し、間食で生蜂蜜を追加するとカラダの変化が期待できます。

[ タイプCの方へ ]

減量しながら体調を整えたい方はMCTオイルとダイジェストベーシックか梅干しを追加し、間食で生蜂蜜を追加するとカラダの変化が期待できます。


次回テーマ:[ 糖質について#3 ]

スイーツやジュースやチョコに含まれる精製糖についてご紹介していきます。

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示