タンパク質について③

【栄養豆知識#16】

前回、タンパク質の役割で注目すべき

”コレステロール”についてご紹介いたしました。


本日はタンパク質の役割で注目すべき2つ目の”消化酵素”について詳しくご紹介いたします。


「 消化酵素とは? 」

消化酵素は食べ物を吸収できるように細かくする働きを持ち、タンパク質からできています。

また、消化酵素は主に”胃(胃酸)””腸(胆汁酸)”に含まれます。

「消化酵素はなんで大切?」

”消化”は食べたものを体内に吸収するための必須過程です。

消化酵素が不足し、消化が行われないと栄養が体内に吸収されていきません。


[ ゲップで確認!?〜胃酸チェック〜 ]

ご自身の胃酸の状態をチェックしてみましょう!使うのはお水と重曹!

①朝起きたら行う

②重曹(小さじ1/3)+水(コップ1杯)を混ぜてゆっくり飲む

③ゲップが出たら胃酸の働きOK!出なかったら胃酸が弱い!(以下のアイテムを活用してみてください)

[ 胃酸を助けるアイテム ]


1.ダイジェストベーシックサプリ

このサプリは各栄養素の消化酵素が入っており、胃酸の代わりをしてくれます。

毎食のいただきます!のタイミングで1錠摂り、3食のタンパク質をお肉や魚からホエイプロテインに変えると体内に栄養が入っていきやすくなります。

https://jp.iherb.com/pr/enzymedica-digest-basic-essential-enzyme-formula-90-capsules/16583?rcode=

2.梅干しとレモン

胃酸に近い酸性なので、胃酸を働きやすくしてくれます。

食事の序盤に食べましょう!

以上のように、消化酵素はタンパク質からできており体内に栄養を吸収するための”消化”の過程で使われます。消化酵素が不足し体内の栄養不足が起きないようにタンパク質をしっかり食べましょう!

実際に食事を栄養の観点で見てみましょう。


こちらは体型維持を行いながら内臓の働きを促す食事です。


この食事に含まれている食材は、

白米.納豆.茹で卵.鳥もも肉皮なし

ぶなしめじ.しめじ.人参.水菜.ほうれん草


木のボウルの味付けは

塩とオリーブオイルをかけられています。


・体型維持の場合、糖質のボリュームは拳1個分になります!


・納豆から菌が摂れて腸内環境をよくしてくれたり、タンパク質が摂れます!

・玉ねぎからイヌリンという食物繊維の一種が多く摂れ、イヌリンが血糖値の乱高下を抑えてくれます!

・お肉やお米や卵は身体を酸性にしますが、きのこ類や根菜や葉菜がアルカリ性に傾け、お肌はもちろん血管の状態を良くしてくれます!

今回でタンパク質パートは以上になります。次回から脂質についてです!

栄養についての理解を深め、自身の健康をご自身でコントロールできるようにしていきましょう!

次回テーマ:[ 脂質について#1 ]

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示